CB1300SB走る2度目の回想ツーリング紀行:西山興隆寺編

紅葉にはサヨナラを告げられて

今年ももうすぐサヨナラと同時に

平成にもサヨナラをする時期迫る

画像



でもでも

バイクにはサヨナラを告げないように

日々熱を刻んで走ろうと誓うライダー

でありたいと・・・ ^^:
画像

謎のポパイ節で日記付けちゃってますが


CB1300SB紅葉ツーリング☆西山興隆寺~仙遊寺


去り行く紅葉の残骸などなど

パソコンに埋もれるバイクand紅葉

振り返りながら写真をアップしていこうと思います。

画像


この写真を撮りにバイク走らせた頃は

まだ暖かい秋と言われたころで、

11月の半ばぐらいだったかな???

画像


普段は静粛さの漂う西山興隆寺も

紅葉の時期が来れば人だかりを

隠せない程の賑わいを見せてくれて

画像


なるべく賑わいを感じないように

自分好みの紅葉スポット探して

みました >>>>>

画像



なかなかカメラアングルを探るのが

難しくなって~(ここってイイなぁ)って

思うものの、影を遠ざけては

足を止めて静止しながら

巡ります >>>>>


画像



秋探しをしているうちに思うのって

普段は「見ない見えない隙間を探り

何かを見つけた時の喜びは凄く

何事にも代え難いものがあって~

色々な風景をワインダー越しに

景色を切り取ることの楽しさは

まさに宝探しのようにも思えてならない・・・


画像


みんなもきっと、それぞれの宝を

持ってるんだろうなって思うこの頃・・・


画像


おっと~~~ 



忘れるところだったよ バイクと紅葉のコラボ

画像

チャッカリと撮影をばしてから


西山興隆寺を跡にして向かうは

 >>>>>


四国のみち:仙遊寺街道





微笑みのとびらたたいてまず一歩
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
御訪問ありがとうございました。

この記事へのコメント

2018年12月12日 12:07
こんにちは!
西山興隆寺の三重塔(?)や石垣と紅葉のコラボ素敵ですね。まだ紅葉は少し早かったですか?
お寺と紅葉はよく合いますね。
最後の真っ赤な紅葉とバイクのコラボは最高~♪
2018年12月12日 22:05
 秋の思い出作り、ありがとうございます。といって、いつも素通りしていました西山興隆寺、魅力的な表現で近いうちに寄ってみたいと思いました。某市民の森の皇帝ダリアも終盤を迎え、切り取りと来年の新株作りのため茎の保管という作業が待っています。
 水仙がここそこで咲き始め、冬を通り越した春がもう始まっているのかな!!なんて思っています。
2018年12月13日 08:37
いやぁ~!画像がすばらしかったです!✨特に お寺の軒先を見上げて撮ってある紅葉とか………他にも。
改めて、紅葉を満喫した気分です。
お寺と紅葉、スゴくマッチしてますね!
かき
2018年12月13日 12:14
紅葉もあっというまに終わって
もう冬が来てしまいましね。
こちらでも初雪が降って冬ごもり。
でも私は冬眠という言葉を知らない人。
もっとこの季節を楽しみたいと思います。
北陸の冬は重いですからね。
春を楽しみに冬ごもりかも。
2018年12月16日 01:31
eko さん

西山興隆寺に出向いた頃だと少し
染まっていないところや、きれいに
染まったん場所など広い敷地の中で
色々な様相を見せてくれました♪
ほんと( ´艸`)ekoさんのおっちゃる
通りお寺と紅葉は凄く合いますね♪
帰り際に慌ててバイクと紅葉のコラボ
写真ゲットしました^^@
2018年12月16日 01:40
むらた2さん

西山興隆寺
むらた2さんの実家?のお近くでしたか、
西条市民の森でしたら、そうですね~
少し寄り道してくださいね~♪
バイクで^^@
お仕事も順調に進んでおられる様で
何よりですむらた2さん♪
水仙はもうそこまで・・・ビックリ
ですね~暖かさの象徴なのかな。。
でも少し寒波もやって来たりしてますので
外仕事は大変ですが頑張ってくださいね、
わたしもなんとかやっております(お野菜^^:

2018年12月16日 01:47
わらびさん

寺院は色々な見どころがあり、ちょっとみえにくい
場所など見つけるのにはもってこいの某所でした。
あらゆる角度などから観てもらえて~
ポパイも日記に写真をアップしがいが
あると言うもの♪遠いから余計に
おもいますわらびさん♪
2018年12月16日 01:54
かきさん

北陸の冬の重さは想像を超えるもの
なのでしょう、どうかバイクシーズン
まで鋭気を養って頂きたいですかきさん。
でもかきさんの事だから、バイクに限らず
行動派の冬を過ごされるのかなって察して
います♪ 風邪など引かないようお互いに
気をつけてゆきましょう。

この記事へのトラックバック