有馬温泉ツ~リング/CB1300SBしばしお眠り~ポパイ流レポ後編

CB1300SB有馬温泉ツーリング//いざっ後編へと


少し時間の経過とともに

薄れがちな金のお湯との肌間隔も遠くに浸る頃

地元しまなみと兵庫県有馬市との距離ほどはまだ

離れようのない単車乗りの端くれポパイが送る遊走紀 。。。


さて続いて残りの^^;有馬温泉散策コ~ス

完結させたいと思います ≫ ≫ ≫ ≫ ≫


チェック
温泉街の玄関」口より観光案内所を経て まずは

ねね橋 ~ 金の湯 ~ 歴史コ~ス 【前編記事】

一応御参考までに 。。。

http://22668156.at.webry.info/201507/article_3.html

続けて散策ルート書いてゆきます

最初にねねの橋をスタートさせて有馬の中心街を進んで

近隣をば掻い摘んで歴史コースの折り返し炭酸公園まで

画像



チェック
前回のタンサン坂での感想ではノーコメントのまま

日記公開したんだけど友人からこんな指摘を頂いて

炭酸坂 、、、
浮き足立つやうな
炭酸水、、、

その感想が聞きたし。ww  とそう

まずわ炭酸源泉のリタ~ンコメントいきます

画像



浮き足つ/わ流石です/笑

感想は
市販されておる炭酸水より
粗くていかにも源泉て感じで
炭酸臭が効いてやや鉄分も
含まれてました。

でもここが日本で初めての
サイダーの源だと聞けば~
味みした価値はあると思います。

炭酸坂に立ち、そう名物
てっぽう水サイダーがぶ飲みしながら
「浮き足立つ「やうな~ シュワシュワ~な
絵づらをばお届けする余裕がなくってね、


お次の有馬温泉 銀のお湯リベンジの暁には
御約束いたします~~ 

その日くれば御期待っす

とこんな感じで

画像


いつまでも前回記事に浸っていても記憶遠のく

ばかりなのでバンバン先へと進んで行くことに


まず地図で確認をしながら炭酸公園を跡にしたところ

こちらから迂回しながら六甲川に合流するコースへと移行します

画像


画像




しばらく流れに沿って下ってゆけば最初の案内所でチェックした

場所まで辿りつきます、

画像


元々ここでゆっくり羽根を延ばすつもりでいたので

迷う事無く通路沿いに掲げる看板を頼りとし向かいました

画像
 

するとそこに見えるのは清楚な佇まいの日帰り温泉ではないですか 

玄関前で立ち止まり写真を数枚撮らせて貰うことに。。。 

画像


館内フロントへと入っていきますと横には喫茶コーナーに

小洒落たロビーが並びにあり有馬温泉の中心街とは離れ

の位置に存在するもののゆったりとした空間には何かこう

気持ち預けたい風にあおられていられるかの様で

包み込まれる抱擁感みたいな居心地を味あわせてくれるよう

    

外には無料の足湯もありますが逸早く温泉へと足を運びました 

廊下を少し歩いて脱衣場は、やや手狭な感じでしょうか~

温泉自体も思ってたよりやや手狭な空間ではありますが

3種類の層になり金と銀の湯両方ある贅沢感てのは半端なくて

ちょこっと熱めの源泉をまといながらも狭まれた空間での

濃密なひとときであり癒やされる旅の途中です


          丘の上に存在しているリゾ~トスポット
画像
ここも

良いけど~ こじんまりした贅沢な肌触りの金のお湯も

至福のひと時へと変えてくれました  

画像
 



念願だったことは温泉に二つ程入りたい そんな希望も叶えて

あとはコースを進むのみとなり 出発させたここ康貴から程なくして


ねねの像へと帰ってきました。  そしてこの一言 。

画像


なんか独りで旅をするってこう

今日のような人混みの中では

ある意味場違い的な感覚もある

でも色々な資料や探索とか視点を

変えるとまた違った有馬が見えて

来るのも一つの楽しみ方なのかな?


そんな事とか思いつつも

一層賑わいを見せてきた街へと



タ~~ン

画像




チェックしてるお店でお土産をばゲット

画像

 レインボー炭酸煎餅
喜んでくれるだろうか。。。

画像


お土産売り場を総なめして歩きます
                        
画像


時には試食品をばあさったり~

画像


時には買い喰いをばしてみたり~

画像


めっちゃホクホクで旨かった~~~

画像


で 水まんじゅうをば一個だけ

画像


。。。

画像



日本三古湯 道後(愛媛)有馬(兵庫)白浜(和歌山) 


この有馬が最初 道後まだ(山越えで40分なのに)


名物てっぽう水サイダー飲みに来るのが早い

か 

ひと越えして坊ちゃんの里へゆくのが早い

か 

ま 

まさかの南紀白浜温泉 だったりとも


僕にもわからない 。。。 



/ /// / / // // / / / //// /// // /// / / / //// //// / /



バスストップに追いやられたCB1300SB

やっとこさ 出番で~す  

約5時間眠らせていた単車をば点こして 

甲子園口【姉宅】へと一泊あまえさせてもらいます


画像



おいおい~~~    


画像









微笑みの とびらたたいて まず一歩

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

御訪問ありがとうございました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

すみれ
2015年08月10日 23:31
こんばんは
食べ物ばかりに目が向いてしまう~
炭酸源泉味わってみたいし~
炭酸煎餅…味が想像できません~
ホクホクは、美味しそう~
さつま揚げみたいなのかな?
水まんじゅうは
絶対美味しい!!!
抹茶風味かな~と
食いしん坊丸出しですが
味も旅の魅力ですから~
2015年08月11日 10:39
すみれさん

ワタシモ同感です^^@
買い食いには目がありませぬ汗あせ
こうやってジックリ腰をすえて食べない
のも一人旅の良さでしょう~?????
>炭酸煎餅は、タンサンのシュワシュワは
ありませんね~、まあまあ普通の煎餅かも。
ホクホクは、野菜味とジャガイモ&チーズ入り
だした^^@そう~さつま揚げより柔らかな
食感のプリプリですわ~^^;
>水まんじゅうも甘さ押さえた抹茶味です
>温泉食べ歩きツアーでしたね
ありがとうです~~~

この記事へのトラックバック