自然とのふれあい

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国お遍路/僕は坊さん57番札所:栄福寺

<<   作成日時 : 2017/03/01 21:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

僕は坊さん! と言う映画のモデルでもある住職の考え方や

生き方は現代的ていて、元来の仏式にとらわれない生き方、

粋な生き様!とでも形容したら良いのか?

もっとも、格式や様式への振る舞いに変わる事なかれ、

要は考え方、内面の捉え方の違いにより仏教の世界って斬新

でいて個々にギャップがあろうが無かろうが外面なんて関係なく、

自己の内面の感覚が仏教に対してのモチベ〜ションならば、

それを活かせば良いだけなのだから、、、なぜか語り口調に
  
                          なっちゃいましたが(^0^)


そんな坊さんが住職を務める四国八十八ヶ所
霊場第57番:栄福寺まで参ってきました。

実は此方の栄福寺の掲示板に張り出されている情報誌の

一編に記されていた内容の文章を読んだ時にちょっとビックリ

その書かれている内容とは===
冒頭で書いた様な意味合いの言葉だったと思います。


僕の感覚で書けばこのような感じでしょうか?
画像

ワクワクしながら楽しみながら〜  

この言葉は住職が仏教大学在学中の言葉????

ちょっと分からないけれど、そんな記述がありました、
確実なのは、お務めの時では無い筈ですね。

あとは、空海の思想や試みを勉強した時に感じた事を〜
こうも記されています。情熱と生命力に溢れていて、

例えると【ロックでポップな鼓動を感じた】とありました。

考え方が仏式としては斬新でいわば今風と言えば良いのかな^^;

只一つ分かる事は、自分の感覚で正直になれば何事にも
好きでいられる喜びに変えられるって事だと察して、他の人が
ソレはないだろう、って事だって、自分の思い次第では何にでも
創造できる事、それが言いたかったんだろうと察しています。

とあるお寺で何気なく見る事が出来た
掲示板の言葉が今でも響いてます。


タイカブ110CC四国八十八ヶ所/僕は坊さん57番札所:栄福寺

栄福寺までカブで走って、お寺に入る前に白衣を
羽織ってから向かうことに>>>こんなきっかけ
でもないと中々目を向けない場所だが、距離で測れば
ほんの15分足らずで着きました。

画像

入り口に鎮座している弘法大師に手を合わせてから奥へと歩き

画像



本殿 大師堂 それぞれ御札を奉納をして手を合わせます。
この時思った事は、願い無く、只良かったとだけ。
画像


最後に納経帳に筆で書いて貰う建物に立ち寄ります
画像

其方で「一筆滑らせて貰いました」

筆のタッチが滑らかに揺れるようです・すーっ〜〜っと

/ まるでミミズがスルスルスルって逃げるように〜 /

流れるタッチで書いて頂きました。 
(例えがチョッと分かって貰えればいいのだが?????)


お遍路巡りをするきっかけは怪我をした事、手を合わせても

早く直るものでもないだろうけど、左手の親指だけで済んだ事

への思いと、バイクも軽い損傷で済んだ事への気持ちの表れ

かも分かりません、あと一つは、数年前に和歌山ツーリングで

既に高野山総本山まで行って納経帳に一筆書いて貰っている

ので、その続きをこの怪我をきっかけに今から始めようと思い

たったのが理由です。まずは今治市の六番札所はカブで巡ります>>>

お遍路巡りの廻る順番はコレと行って決まりはなくて、
今年は「逆打ちと言って最後からスタートさせる方もいて、
バイク乗りのむらた2さんもその一人です、一般的には、
四国を巡礼してから最後に高野山で終えるのが普通なのですが

僕の場合は、まず総本山(高野山)から始めて四国を巡礼した後
に京都の東寺でしめる。と言った方法で巡ろうかと。

【栄福寺】
境内を見渡せば、シンプルでスマートな建物が敷地内にあります
画像


とても印象的です

帰り際に気づいたんだけど、スッキリした建物の中から

札所を分かりやすくしてくれてる 57 と書かれてある
(看板)が目に留まりました。

画像


粋な坊さんにあやかって粋なバイク乗りになれるように
精進しなくちゃね、、、

画像


せっかく怪我したのだから〜3倍返しぐらいは
当たり前かな?????


第二巡礼は四国霊場第五十五番札所南光坊 >>> 予定>>>






微笑みのとびらたたいてまず一歩

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

御訪問ありがとうございました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
お遍路さんを始められたのですか?
「僕は坊さん」粋なお坊様ですね。
88か所頑張ってくださいね。
eko
2017/03/01 23:43
 ポパイさん、逆打のむらた2です!昨年が閏年で、その年に巡り始める際反時計回りで巡るとお大師さんにお目にかかれるという言い伝えからの逆打です。先日某お寺で納経帳について伺いましたところ、逆打の納経帳は逆打の時(閏年)に使うべきで、時計回りでお参りするときは新たに順打(正規)の納経帳を使うべきです、と教えていただきました。
 次の逆打に、足摺岬の金剛福寺が控えておりましす。日ごとに春の便りが届いてきています。野菜作りを控えて日程がタイトになってきた今日この頃です。
むらた2
2017/03/03 22:20
ekoさん

とりあえず地元を巡り全てはまだまだ
先になりそうです、このきっかけ(怪我)で
思い当たりました、現代的と言えば良いのか、
坊さんとして斬新でスッキリでしょう?
既に以前からお遍路始めてますが」終わりは
まだまだ先になりそうです。
ポパイ
2017/03/06 00:12
むらた2 さん

そうなのですね、逆打ちの本来の意味が
把握できます、ありがとうございます
むらたさん。それと、畑をやりながらのお遍路
やりがいあるのではないでしょうか、
日に日に春の足音が響いてくる余寒を
感じながら、畑にお遍路に精進されて
くださいね、また野菜作りでのアップ^^;
先でしょうけれど、聞かせてください。
ポパイ
2017/03/06 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国お遍路/僕は坊さん57番札所:栄福寺 自然とのふれあい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる